老け顔にサヨナラ|アラフォーから始めるアンチエイジング!

あなたの知らない小顔への道

今や小顔になれる施術は山のように存在するようになりました。
大雑把に言うと、美容を前面に小顔ありきで行う施術。
もう一つは健康を主体に結果として小顔になれる施術、に分けられるでしょう。
 
私の場合、美容整体のなかで小顔のための整顔としてきました。
健康の身体があることが美容にもむすびつき、小顔になれる整顔も活きてくるという図式です。
 
これから整顔についてのお話を記事にしていきます。
批判や問題がある小顔の施術ですが、秘話と言えるものをできるだけ多く放出していくつもりです。

あなたの知らない小顔への道記事一覧

【アンチエイジングのための】肌のターンオーバー

肌は3つの層になっています。外側から 表皮 真皮 皮下組織 の3層です。一番表面にある 表皮 もまた4層になっています。上から 角質層 顆粒層 有棘層 基底層 の4層です。下位層の基底層でつくられた表皮細胞は分裂しながら角質層へ押し上げられます。その周期は約28日だそうです。最終的には嫌われているア...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】肌のバリア

表面には表皮があります。その一番表側にあるのが 角質層 です。ここで外界からの刺激から身体を守っています。厚さはわずか0.02mmで死んだ細胞が積み重なって守っているのです。海水などの浸透も妨げています。角質層には約30%の水分を含んでいます。保湿成分(セラミドなど)が不足すると乾燥肌になりやすくな...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】肌の顆粒層

表皮の一番外側の角質層の下を 顆粒層 といいます。顆粒層では一つ下の 有棘層 からきた細胞が押しつぶされ顆粒のようになります。最終段階の角質層に行く前に密度がさらに濃くなるようです。さて、役割は・・・というと、ここの細胞の中にガラス性質を持つ ケアトヒアリン顆粒というのがあります。これは紫外線を散乱...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】肌の有棘層

表皮の一番上から3つ目が 有棘層 です。表皮の中で一番厚い層なんですね。4番目の基底層で育った細胞はここで有棘細胞と呼ばれるようになります。ここでは細胞同士が棘のような腕でがっちりと結ばれています。表皮の強度を高めているところと言えるでしょう。細胞と細胞の間はリンパ液が流れており、栄養を送る仕事もし...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】肌の基底層

表皮の一番底(4番目)にあるのが 基底層 です。新しい表皮細胞をつくる役割をしています。ターンオーバーのスタートラインとも言えるでしょう。無理なダイエット・偏食、タバコで血行が悪いといい細胞がつくれません。基底層は強い膜を持ちます。基底層の下にある真皮を守るためです。さらに紫外線が真皮に達しないよう...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】洗顔が乾燥肌に?

意外と知られていないのが洗顔が乾燥を招くことです。いまどきのメイク用品は簡単には落ちないらしいですね。なので落とすときは、当然強力な洗顔用品を使うことになります。すると肌にある良いモノまで落としてしまうことになります。外界からの刺激から守ってくれる必要な油分が落とされると無防備な状態となってしまいま...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】整形 or 整顔

多くはありませんが、ご来店される前やカウンセリング中に質問されることがあります。整形手術したほうがいいのか、しないほうがいいのか?、と。しないほうがいい、というなかには整顔の施術で十分という意味があります。親からもらった顔を整形するなんて・・・てなことは言いません。結果として、生きていく自信や希望が...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔のゆがみがわかる写真とは

自分はもちろん家族・友人からも「顔がゆがんでいる」って言われたことがない。旅行で行った時の写真やプリクラでも、私の顔はゆがんでいない。って、言ってる女性が今すぐにでも、という勢いで予約されます。そして開口一番、「写真を見てビックリ!ゆがんでるんです」と。で、なんの写真?と聞くと・・・「証明写真」なん...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】決め手は第一印象!

以前、営業マンのお客さまとの会話で、第一印象が話題になったことがあります。ザックリですが、やっぱりなんだかんだ言って第一印象・・・でしょう、と。そして、第一印象でその後の付き合いが決まってしまうこともあるんですね。ここで第一印象について第一印象は最低3秒で決まる。3分もあれば確実に相手の脳に記憶され...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】よりシンメトリーに

「右と左で顔が違うんです!」「右側はいいけど、左側は気に入らないんです!」などなど、来店いただいた女性の訴えです。理想はシンメトリー。左右対称の美しさ。でも人間ではシンメトリーはありえません。利き手、利き足、利き目があるように左右の筋肉の付き方が違います。内臓もほとんどが一つです。顔についても片噛み...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔のゆがみの原因は・・・

顔のゆがみの原因・・・。みなさん、傾向として原因は一つにかたよりがちです。「私は◯◯だから、ゆがんでいると思うんですよ〜」とかです。でも原因は一つではありません。整顔施術では、いろんな原因の一つである「骨盤」の影響を取り除きます。でも、お客さまのなかには、生活習慣の影響が大きく占める女性もいます。特...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】小顔になるために

小顔になるためには何をする?顔の贅肉を減らす。顔のむくみを解消する。顔の骨格を整える。どれかひとつでもいいですけど、できれば全てをやっていただきたいですね。。あわせて、それぞれの目的とその効果を理解することも大切です。

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】唾液(つば)と若返り

最近、唾液(つば)が出にくくなった人いませんか?以前、高齢者向けの整体で行ったあるデイサービスで、昼食前に唾液腺を刺激する口腔体操がありました。なるほど!と思い、改良して整顔施術に取り入れました。唾液は一日で1〜1.5L分泌されます。食物の消化・吸収・排泄で大きな役割をするのが唾液なんですね。顔のゆ...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】小顔へのアプローチ

女性の小顔へのあこがれは、ぜひ叶えさせてあげたいものです。で、突然ですが・・・小顔へのアプローチは大きく分けて3つです。顔の骨格の矯正顔の筋肉内の血流・リンパの流れの改善顔に影響する骨盤など身体の歪みの矯正傾向としては、1番目のパパッと顔の骨格矯正なんでしょうか。でも、意外に効果があるのは2番目の血...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】25歳までの肌は大切に!

池袋では女子学生がよく来ていましたが、肌荒れが目立つ娘が多かったですね。夜のアルコールの機会が多くオールで寝不足もあるといいます。そんな娘たちにいつも言っています。25歳ぐらいまでは、大人の肌になりきっていない。外界からの刺激などから防御できる肌になっていない、と。だから今、無理して肌を痛めつけると...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】笑う人ほど・・・

笑うこと。TVの健康番組でも「笑うこと」がいいって言いますよね。お客さまとお会いした感想では、たくさん話す人より、たくさん笑う人の方が健康体に近いですね。笑うことで、がん細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されます。免疫力アップですから当然と言えば当然でしょうか。顔でいえば、話している...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔でわかるストレスの傾向

たま〜に人相の本も読んでいます。その中から、お一つ。大雑把に言うと、右脳は生活面。左脳は仕事面。脳の信号は、右脳の信号は左側に現れます。左脳の信号は右側に現れます。つまり、顔の右側のゆがみは仕事のストレスを表現し、顔の左側のゆがみは生活のストレスを表現します。さらに言い方を変えると、仕事上でのトラブ...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】気になるアゴの異音

多くないですか?右顎にカチカチというようなクリック音がする人です。ちなみに私は、顎がゆがむとジャリジャリといった音がします。いつも、とりあえずはカウンセリングの中で少々調整します。まずは右顎。ある箇所を数方向に動かす。・・・まだ変化なし。今度は左顎。ある箇所を軽〜く、一定方向にずらす。すると、「あっ...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】モテる? 赤ちゃん顔

口角。大事です。笑い顔で幸せそうに見えるのは、もちろん口角が上がっていることです。同じ笑っていても口角が上がりきっていないのは、不幸せに見えるものです。赤ちゃんは生まれた時は、口角は下がり気味だそうです。きっと、お母さんと同じで、出産では苦しい思いをしたのでしょう。成長するにつれ、下がり気味の口角が...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】メイクが長い! ソレッ顔が歪んでます

最近、メイク時間が長くなっていませんか?いろいろ理由はあるでしょう。吹き出物やくすみのために時間がかかってしまうこともありますね。。こういった肌荒れに関する理由の女性は顔のゆがみに要注意です。右と左のパーツの位置が違ってませんか?顔のゆがみは血流やリンパの流れを滞りやすくします。そうなると、老廃物が...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】肩肘で顔がゆがむ

肩肘をつく。たいしたことないように思ったら大間違いです。一度、肩肘をついてみてください。けっこう、体重かけていませんか?顎にかかる負担は相当なものです。結果、顎がゆがんで、左右のバランスが崩れていくのです。フェイスライン・・・左右で違っていませんか?

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】重い荷物が顔のゆがみに・・・

みなさん、荷物が多くて重たそうですね。特に学生さん。ノートパソコンまで入って、通学など移動時でも必須のご様子。キャリーバックの方はまだいいでしょう。ショルダーバックに詰めて歩いている人はご用心です。真っ先に思いつくのは、骨盤のゆがみです。特に、左右どちらかだけにバックをかけるのはゆがみの元です。骨盤...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】片噛み癖が顔のゆがみに・・・

あなたは片噛み癖ないですか?右か左のどちらかだけで噛むクセです。良く噛む方は筋肉が鍛えられます。一方、あまり噛むことのない側は筋肉は衰えてきます。なので、左右差が広がり続けることになります。虫歯になったら、なった側で噛む習慣になっているということです。これがうまくいくもので、治療中は反対側で噛むこと...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】PC業務が顔のゆがみに・・・

パソコン作業が多いのも「顔のゆがみ」にご注意です。パソコンに向かって良い姿勢ができているでしょうか?理想があります。両腕をダラ〜んと下げ、肘から先を水平に持ち上げます。その手の位置にキーボードがあるのが理想です。しかし、キーボードが遠くにある人が多いです。両肩が前に出てませんか?猫背やストレートネッ...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】横すわりが顔のゆがみに・・・

横すわり。別名、お姉さんすわり。こう言うと、上品なすわり方のイメージですね。それが、じわじわと骨盤をゆがめます。骨盤のゆがみ。ゆがんでいるかどうかは、●スカートが回る。(中心がずれる)●左右で足の長さが違う。(左右差が大きい)で確認できます。骨盤がゆがむと、顔への影響はと言うと、●首・肩のコリが大き...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】ロングヘアーが顔のゆがみに・・・

ロングヘアの女性。あくまでも個人の意見です。頭皮は大事だと言います。血流だリンパだ、と。シャンプー、リンスでどのくらい時間を取っているでしょうか?両手を上に上げてシャンプーすると疲れますね。髪の毛を洗うだけで精一杯じゃないですか?頭皮のマッサージまで時間を取れない女性がほとんどだと思います。短髪だと...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】足を組むと顔のゆがみに・・・

「足を組むのがクセなんです」と、おっしゃる女性多いですね。「なので、骨盤がゆがんでいると思うんです」と。足を組むことが多いので、骨盤がゆがんでくる。でも、クセと思っている「足を組む」こと。骨盤のゆがみが軽減され、安定してくると、こうおっしゃいます。「最近、足を組まなくなった」と。クセだと思っていたの...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】スカートが回る女性・・・顔も要注意です

駅のホームなどが多いと思いますが、スカートを直している女性・・・見かけませんか?直してる、と言っても針と糸で、とかじゃなく、回ったスカートを元に戻している動作のことです。記億を辿ってほしいのですが、右なら右、左なら左方向しか回っていないはずです。今は右だけど、次は左へと回ってはいないはずです。なぜ?...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】整顔・・・美容だけではないんです!

整顔は美容だけではない。整顔は小顔や左右バランスを整えます。でも、それだけじゃないんです。健康にもつながるんですね。顔にも反射区があります。反射区とは、手掌や足裏にある内臓うあ各器官につながるといわれる末梢神経が集中している場所のこと。(反射区はウソという見解もあります)なので、足裏と同様に健康にも...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】頭皮の役割は大きいですよ

頭皮のお話です。「木を見て森を見ず」なんでしょう。顔だけに注目しがちです。顔のトラブルは、顔の範囲で解決できないことが多いです!顔も身体の一部という捉え方をするのが解決への道と言えます!ですが、いきなり身体全体といってもピンとこない方がほとんどです。まずは、髪の毛の頭皮を考えましょう。あたりまえです...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顎関節症までいかないけれど・・・音がする!

顎関節症とまではいかないけど・・・。お客さまでは多いですね。痛みはないんだけど、口の開閉がスムーズでない。音がする。マウスのクリック音。砂を噛むよなジャリ音。原因はコレだ!と言うには複雑です。先天性、成長過程。片噛み癖、寝方。骨盤を含め全身のゆがみ。1回で劇的に変わる人もいれば、そうじゃない人もいま...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】何だかんだ言って、健康なくして美容なしなんです。

若いうちは健康なんて気にしない。オールで飲んで、寝不足でも気にしない。見た目がキレイでいればいい。若いうち・・・だけです。10代〜20代女性からは「顔だけやってほしい」とよく言われます。残念です。身体の状態が、顔という場で表現しているから。早ければ25歳。自覚していくのが30歳。35歳以上になってく...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】整顔では顔はそんなに触りません!

整顔を受けられた方は気づいていると思います。顔を触る時間が短い?そうです。時間をかけるのは、顔以外のところです。もちろん、骨盤矯正など首から下が終わってからの話しです。重点的に時間をかけるところ。首と頭皮です。あとは、耳の下など顎周辺です。8:2で圧倒的に顔の占める割合は少ないですね。ということは〜...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】好印象は顔右半分で決まる!

誰しも良い印象を与えたいですよね。人は、左眼で感知した情報を先に脳に送ります。右眼で感知した情報は、遅れて脳に送られます。つまり、相手の顔の右半分(相手からみて右)が先に。相手の顔の左半分(相手からみて左)は遅れて脳に送られる。だから、どうした? ですよね。脳は先に送られてきた情報で、相手の顔全体を...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔の幅の黄金比>小顔のボーダーライン!

魅力的に感じる顔。そう判断するには1秒もかからないそうです。人は、一瞬で顔の美しいとされる黄金比を判断できるようです。たとえば横幅。目の幅の5倍の長さが横幅の理想だと言われます。目の幅は約3cm。とすると単純に、顔の理想的な横幅は3cm×5で15cmになります。ある意味、小顔のボーダーラインは15c...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔の黄金比>縦のライン!

魅力的に見える顔。顔の黄金比はけっこうあるんですね。顔の縦のラインの法則と言えるでしょう。上端は髪の生え際。下端は顎の先端。この間隔を3等分にします。その間に眉毛の生え際と鼻の先端がきれいに等分にあるのが黄金比。あらためて上から、□髪の生え際。□眉毛の生え際。□鼻の先端。□顎の先端。この間隔が3つと...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔の黄金比>鼻の縦横の比率

目の幅と鼻の横幅は同じなのが良いそうです。さらに、鼻の縦の長さと横の長さの比率にも黄金比があります。鼻の縦の長さを100とすると、横幅は64だそうです。人間、すべての黄金比が整うとどんな風になるんでしょうかね。

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】ふだん使っているものもチェックを!

前髪を下ろしている女性。前髪を上げて額を見ると、小さくポツポツとあります。最近は少し背中を出す洋服を着ていらっしゃる女性も増えています。すると、背中にもポツポツと吹き出物。これらのポツポツ。体質もありますが、シャンプーとか刺激でなる可能性もあるそうです。ひどければ、シャンプーなど変えてみるのも試す価...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】脚を組むのと整顔の持続

カウンセリング中のお客さま。「脚を組まないようにしているのに、つい組んでしまう」とおっしゃる女性が3,4割おられます。なので、「骨盤がゆがんでいると思うんです」と。確かに、「クセ」になっている方はおられます。ところが、4,5回目になってくると「最近、脚を組まなくなった」とおっしゃられる女性が多いんで...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】顔のゆがみで大きな顔に見えてしまう!

本来は小顔なのに、大きく見えてしまうことがあります。むくみや脂肪太りは、すぐピンときますね。多いのは、左右非対称の顔です。左右の各パーツの位置が違っていることが、顔を大きく見せてしまうのです。つまり、顔の「ゆがみ」です。ゆがみの原因は、骨盤のゆがみや片噛み癖などが挙げられます。顔のゆがみが原因で、む...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】歌手の体調管理でも整顔は有効です。

東京池袋の時は毎年、現役の音大生をはじめ、声楽家の女性も来ていただいていました。私は意識してはいませんが、オペラ歌手の女性は施術後の頭蓋骨の響き具合が変わるとおっしゃっていました。頭蓋骨調整もあると思いますが、顔筋がほぐれたことにより血流・リンパの流れが良くなり、口の開閉がスムーズになったことも良い...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】眉毛の位置も整顔でシンメトリーに!

小顔整顔のカウンセリングではよく耳にしました。眉毛の位置が左右で違うんです! と。見ると確かに左右で高さが違います。でも、そこだけに注視してもダメなんですね。目や頬骨の位置は定番ですが、たいてい額の広さが左右で違います。黒目のすぐ上の眉毛から髪の毛の生え際までの距離です。顔のゆがみは頭皮エリアのゆが...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】後悔しない宣材写真、証明写真・・・!

宣材写真。オーデション用などに撮影される写真です。モデルや俳優志望の方々にとって、写真の良し悪しが決め手です。事務所など関係者の「会ってみたい」かどうかの決め手が宣材写真になります。池袋の時でも宣材写真を撮る前にご来店される方が増えていました。芸能界デビュー前もオススメですが、証明写真の前も大事です...

≫続きを読む

 

【アンチエイジングのための】同年齢で母娘なんてどう?

美容に関してあきらめた女性の理由はたくさんあります。結婚、育児、加齢などなど、できない理由は無限です。でも、美容を放置していると大変なことがおこります。ホルモンのバランスが崩れだす30代半ばから、同年代の女性と差がついてきます。この頃に、あきらめないで美容を追求する女性は、見た目年齢がどんどんマイナ...

≫続きを読む

 
<広告リンク>  

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:250px;height:250px" data-ad-client="ca-pub-3758757970554305" data-ad-slot="8686612272">     style="display:inline-block;width:250px;height:250px" data-ad-client="ca-pub-3758757970554305" data-ad-slot="8686612272">

 

知人のお店紹介

★ススキノで宴会するならノーメニューの石厨家DON 

★札幌の絶品のビーフシチュー!ランチタイムならキッチンDON

▲ページの一番上へ


 
トップページ セルフメソッド イチ押し美容機器 キレイを紹介 「たるみ」と「むくみ」